ただ、言葉を伝えるだけでなく、そこに気持ちを乗せる。

ただ、乗せ方には十分工夫が必要です。

例えば、気持ちが乗りすぎて。

相手が、とても取れないような言葉のボールを投げたとしたら。

気持ちよく、返してくれることはないでしょう。

こちらにも、取れないようなボールが返ってくるかも知れません。

また、言葉に気持ちが乗り切れてない場合は。

帰ってくることさえ無いかも。

どちらの場合も、その言葉を投げる以前に。

相手のことを、観察することが大事です。

それには、先に相手の話をジャッジせず聴くこと。

挨拶から始めて、何気ない質問を投げかけてみるのです。

今、気分が良いのか、それても機嫌がイマイチなのか。

エネルギー=雰囲気を読み取りましょう。

それが分かるだけでも、伝わるかどうかの確立が上がってきます。

大丈夫そうならば、心をこめて適切なエネルギーで気持ちを言葉を伝えること。

普段、人と目を合わして喋ることが苦手でも。

この時ばかりは、相手の目を見て話しましょう。

むしろインパクトがあって、伝わりやすくなります。

あとはどんな返事が返ってきても、「私に必要な言葉」と受け止める。

そう思うことにする。決めるだけでも。

あなたの言葉は、相手に伝わりやすくなるはずです。

【言葉のボールを投げる前にこれをしていますか?】

b0245686_10390762.jpg
屋久杉アメジストブレスレット


Ken presents heart&jewelry webSite
HPはPC、スマートフォン対応です。
KENアイテムへのご質問はこちらの【お問い合わせフォーム】からどうぞ。
あなたも幸せになるポチクリッ~☆↓


[PR]
by h-jewel | 2015-09-25 21:30 | ヒーリングメッセージ